玉井陸斗がかわいい!コーチや両親はどんな人?




スポーツ

玉井陸斗がかわいい!コーチや両親はどんな人?と話題になっています。

水泳日本選手権大会において高飛び込み競技で最年少優勝をした玉井陸斗選手はどんな選手なんでしょうか?

今回は、玉井陸斗がかわいい!コーチや両親はどんな人?の話題について調べてみました。

是非、最後までご覧ください!

玉井陸斗の水泳歴は?実力がスゴイ!

驚きの成績をあげた玉井陸斗選手が水泳を始めたのは3歳の頃です。兵庫県宝塚市にあるJSS宝塚スイミングスクールに入りました。

名称:JSS宝塚スイミングスクール

所在地:兵庫県宝塚市川面1-176

設備;:競泳プール(公認25m・7コース)

飛込プール(推進3.8m飛込1m3基・3m1基)

一般的なスイミングスクールです。最初はもちろん競泳の練習でした。

小学1年生の時に飛び込み教室を体験してみて、ノースプラッシュ(しぶきがたたない技)を成功!

成功した時の気持ちよさから飛び込みにはまったのです。

そこから元世界選手権代表の辰巳楓佳コーチに指導を受け、その後。馬淵崇英コーチの元で、2018年5月から本格的に高飛び込みに取り組みました。

普通では何年もかけてうまくなる飛び込みなのですが、玉井陸斗選手はわずか1年半くらいで優勝するという驚きの成長をみせました。

続いては、玉井陸斗選手の通う中学や出身小学校について調べてみました。

玉井陸斗の通う中学や出身小学校は?

玉井陸斗選手は今年の4月に、地元の宝塚市立高司中学校に入学しています。

宝塚市立高司中学校:1976年に創立。兵庫県宝塚市高司2丁目3-1。

高司中学校は公立中学で、通うのは地元の生徒たちです。

先生、生徒のコミュニケーションも良いという評判です。

中学校の部活動には水泳部がなく、放課後は所属するJSS宝塚スイミングスクールに通っています。

世間から大注目の玉井陸斗選手はテレビの報道で、自宅から中学校に通う様子を映されていました。

同じように学生服を着て通学する普通の中学生。放課後はスイミングスクールのスクールバスに乗っていたりするんでしょうかね…。

小学校は同じく地元の宝塚市立高司小学校を3月に卒業しています。カッコイイ玉井陸斗選手ですが、昨年まではランドセルを背負った小学生だったんですね。

続いては、宝塚JSSのコーチについて、調べてみました。

玉井陸斗のJSS宝塚コーチ馬淵崇英はどんな人?

玉井陸斗選手が高飛び込みを本格的に取り組んだのは小学5年生からです。現在、中学1年の玉井陸斗選手は脅威のスピードで高飛び込みを習得したことになりますね。

そんな玉井陸斗選手を育てたコーチ、気になりますね。コーチの名前は馬淵崇英(すうえい)さんです。1963年10月20日生まれ。中国上海出身。

馬淵崇英コーチ画像

引用:https://www.joc.or.jp

JSS宝塚には1989年にコーチとして就任。多くの日本人選手を指導されてきました。

馬淵崇英コーチの教え子としては、1993年、13歳で日本選手権で優勝し、五輪5大会出場の寺内健選手や2014年、14歳で日本選手権で優勝した板橋美波選手などが知られています。

まさに日本の飛び込み界を担う選手のコーチです。

竹内選手が13歳で最年少優勝し、玉井陸斗選手が12歳で最年少優勝しました。若い選手の育成にたけています。

こちらのコメントにあるように、玉井陸斗選手の高飛び込みのレベルをフィギュアスケートに例えると「12歳にして四回転を跳んでいるレベル」とのことです!

とても分かりやすいたとえですよね。とんでもなくハイレベルな選手が誕生した、ということがよくわかります。

続いては、玉井陸斗選手の家族について、調べてみました。

玉井陸斗の家族、父親母親や兄弟は?

玉井陸斗選手は父親、母親、お兄さんの4人家族です。

トップアスリートとして期待される玉井陸斗選手を育てた両親も飛び込み選手なのかと調べてみましたが、残念ながら分かりませんでした。

JSS宝塚は一般の人が通うスクールなので、習い事の一つとして、玉井陸斗選手に水泳を始めさせたのかもしれません。そして、飛び込みという種目で開花したんですね。

地元のスイミングスクールに通い、飛び込みを体験し、興味を持ち、いいコーチに出会い、そして優勝。玉井陸斗選手のかなりの努力もあったでしょうが、ラッキーなめぐり逢いという運も持っていました。

まだまだ少年の玉井陸斗選手、送迎や遠征などで、両親の協力なくしては成り立ちません。これからますます、バックアップされることでしょうね。

続いては、玉井陸斗選手は泣き上戸で性格もかわいい?という話題について調べてみました。

玉井陸斗は泣き上戸で性格もかわいい?SNSの反応は?

玉井陸斗選手は今回の優勝後、「めちゃくちゃうれしい。自分にできるすべてを出し切ろうと思っていた。今日の試合で出来たことを続けて表彰台に立ち続けられる選手になりたい」。

とコメントし、最年少12歳で優勝という結果に感極まって泣いている顔が印象的でかわいいです。

泣き上戸と噂される玉井陸斗選手は、強化練習のために卒業式に出ることができず別の日に卒業証書をもらった玉井陸斗選手は、大号泣していたというエピソードもあり、とても、感受性が豊かなのがうかがえます。

突如、飛び込み界に現れた超新星にSNSでも、「飛び込みの姿が超美しい!」「12歳とは思えない技術と肉体美!」など驚きと称賛の声があがっています。

インタビューでの受け答えもとても評判がいいですね。

とにかく「かわいい!」と大人気です。

今まで、情報があまりなかっただけに、世間の注目を一斉に浴びました。

続いて、玉井陸斗選手の美しすぎる飛び込みの様子を調べてみました。

玉井陸斗の飛び込み動画は?筋肉美や腹筋はスゴイ!

まだまだあどけない玉井陸斗選手ですが、飛び込む姿はまさにアスリートです。

ツイッターで動画を見つけましたので、ご覧ください!

ノースプラッシュでとても鮮やかです。身体のラインも美しいです。

そして、映像を見ると気になるのがシックスパッドに割れた腹筋です。

ゆぅ on Twitter
“12歳の玉井陸斗、男子高飛び込み「最年少V」 (読売新聞) - LINEアカウントメディア #linenews via 12歳でこんなに筋肉隆々なの?!?!”

腹筋、上腕二頭筋、腹横筋、これだけの筋肉をつけるためにはかなりのトレーニングが必要です。

子供の筋トレはよくないという説もありますが、それは間違った筋トレをした場合で、正しい筋トレだとむしろ成長は促されるのです。

玉井陸斗選手はコーチの指導の下で、トレーニングを行っているので、問題ないみたいですね。

それにしても、これだけの筋肉を作るのは、肉体美を求めているからではなく、飛び込みで強くなり結果を出すために、玉井陸斗選手が毎日、地道にトレーニングしているのだと分かります。

ますます応援したくなりますね。

続いては、玉井陸斗選手の身長、体重に調べてみました。

玉井陸斗の身長は低くて体重も軽い?

表彰台での玉井陸斗選手を見てみると、”小さいなぁ”って感じます。

シニアでの試合だったので、両脇の選手と並ぶとよけいそう思ってしまいますが、

実際、玉井陸斗選手の身長143センチ、体重36キロと、中学1年生の平均が身長152センチ、体重44キロと比べると、平均よりは小さいです。

しかし、男の子の成長期は、まだまだこれからなので、心配はないようです。これから、ぐーんと大きくなるかもしれません。

急に体が大きくなると、バランスの取り方など競技には影響あるかもしれません。しかし、跳躍力などは大きい方が優位です。

まだまだこれからの玉井陸斗選手の成長から目が離せません。温かく見守っていきたいですね。

続いて、玉井陸斗選手の今後について調べてみました!

玉井陸斗の今後は?オリンピックに出場できる?

玉井陸斗選手の今後の予定としては、2019年6月にFINAダイビンググランプリ(スペイン大会)に出場予定です。

翌月の韓国での世界選手権には代表内定の条件はクリアしましたが、残念ながら年齢制限があり、出場できません。

そして、9月にはマレーシアで行われるアジア杯があります。

こらからの大会でよい成績をあげ、東京オリンピックへの出場権の獲得を目指すことになるのです。

是非とも、東京オリンピックに出場し、金メダルを獲得し、世界に玉井陸斗選手の名を轟かせてほしいです。

つづいては、玉井陸斗選手の経歴とプロフィールを調べました。

玉井陸斗経歴とプロフィール

玉井陸斗選手は2019年4月、水泳世界選手権の代表選考会を兼ねた日本室内選手権に出場し、男子高飛び込みに出場し474.25点で優勝しました。

12歳での優勝は最年少記録です。

玉井陸斗選手のプロフィールです。

引用:https://www.zakzak.co.jp

 

生年月日:2006年9月11日(12歳・中学1年生)

出身:兵庫県宝塚市

出身小学校:宝塚市立高司小学校

在籍中学校:宝塚市立高司中学校

身長:143センチ

体重:36キロ

所属クラブ:JSS宝塚スイミングスクール

家族:4人家族(父親、母親、兄)

好きな食べ物:焼肉(タン)

チャームポイント:つぶらな瞳

まだまだ謎に包まれた玉井陸斗選手です。これからの活躍と共に情報が増えることに期待大です。

玉井陸斗選手がかわいい!コーチや両親はどんな人?まとめ

玉井陸斗がかわいい!コーチや両親はどんな人?の話題について調べてみましたがいかがでしたか?

中学1年のまだまだ未知数の玉井陸斗選手です。さらなる成長が期待されます。

そして、是非とも東京オリンピックに出場して活躍する姿をみたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました