山口百恵生い立ちは韓国人?妹・淑恵や父親の現在についても徹底調査!




芸能人・有名人

1973年にデビューして瞬く間にトップスターとなり数々のヒット曲を出した山口百恵さんは文字通り昭和を代表する売れっ子歌手でした。引退してから約40年経っても、その人気は健在です。そんな百恵さんですが、華やかな芸能の裏には壮絶な生い立ちがあったのです。
そして引退後の百恵さんやその家族の様子も気になります。
今回は、山口百恵生い立ちは韓国人?妹・淑恵や父親の現在についても徹底調査!してみました。

是非、最後までご覧ください!

山口百恵のプロフィールについて

https://taishu.jp

令和の時代になって、百恵さんの歌はよく知ってても、百恵さん自身の事は詳しくは知らないって人が意外に多いんじゃないかと思います。そこで改めて、百恵さんのプロフィールを確認していきましょう。

1972年12月のオーディション番組『スター誕生!(日本テレビ系)』で準優勝し芸能界入りを果たしました。1973年4月の映画『としごろ』で女優デビュー。同タイトルの主題歌で同時に歌手デビューを果たしました。ちなみに『スター誕生』では中森明菜、小泉今日子、ピンクレディなど多くの大物歌手を輩出しています。
その後、数々のヒット曲を飛ばし、歌手として女優としてまさに人気絶頂の頃に芸能界を引退しました。そして、当時ドラマなどで共演した三浦友和さんと結婚しました。

本名:三浦百惠(みうら ももえ)(旧姓:山口)
別名義:横須賀 恵(よこすか けい)(作詞時のペンネーム)
生年月日:1959年1月17日
年齢:59歳
出生地:東京都渋谷区恵比寿(出身地:神奈川県)
横須賀市立鶴久保小学校卒業
身長:158cm
血液型:A型
職業:元歌手・元女優
ジャンル:テレビドラマ・映画・歌謡曲
当時所属事務所:ホリプロ
当時レコード会社:ソニー・ミュージックエンタテインメントに所属
活動期間:1973年 – 1980年

兄弟姉妹:山口淑恵(やまぐちよしえ)
母:山口 正子(やまぐちまさこ)
父:久保 茂(くぼしげる)
配偶者:三浦友和(1980年 – )
家族:三浦祐太朗(長男)三浦貴大(次男)

20歳で引退、結婚だったんですね。当時、画面に映る百恵さんはとても大人っぽくて落ち着いたお姉さんに見えました。今どきのアイドルとは全く次元が違いました。

続いて、百恵さんの韓国人説について調べてみました。

山口百恵の本名や在日韓国人説について

当時、父親が仕事で韓国に行くことが多かったうえに、百恵さんと母親と妹の3人は横須賀の鶴が丘の近くにある不入斗という「コリアンタウン」にある在日韓国人の人たちが多く住まれている県営住宅に住んでいたとので、韓国人説が流れたのです。
住んでいたというだけなので、父親も百恵さんも韓国人ではありませんでした。
通っていた中学にも在日韓国人の子が多かったので、そんな噂がでてしまったんでしょうね。

続いて、百恵さんの生い立ちについて調べてみました。

山口百恵さんの家族との壮絶な生い立ち!

引用:https://twitter.com

百恵さんの父親と母親は入籍はしていません。百恵さんは愛人の子として生まれました。
母子家庭で育ち、生活は貧しく、生活保護を受ける生活を送っていました。
百恵さんは家計を助けるために、新聞配達をしていました。
苦労して二人の子供を育ててくれる母親の姿をみて、少しでも楽をさせてあげるために、芸能界入りを目指したんですね。チャラチャラした気持ちは全くなかったんでしょうね。
そして実際に芸能界入りし、トップスターとなりました。お母さんに恩返しができましたね。
しかし、その母親の正子さんは、51歳という若さで亡くなっています。壮絶な人生は続いていたんですね。

続いて、そんな壮絶人生の元凶となった百恵さんの父親について調べてみました。

山口百恵の父親は最低の男だった

https://miima.jp/

百恵さんの父親の久保茂は医者でした。本妻もいて、その間にも子供もいます。
久保茂は百恵さんの母である正子さんの父に「責任を持ってきちんとします」と、本妻と離婚して再婚するつもりであることを伝えました。
しかし、山口百恵さんと5歳下の妹の淑子さんが誕生しても本妻と離婚しませんでした。戸籍上では”認知”という形だけだったのです。
百恵さんの所に顔を出すのは日曜だけでした。
ひどいことに百恵さんの家庭には何の援助もしなかったのです。卑劣な対応です。おまけに暴力をふるうこともあったのです。どんな思いで百恵さんはその状況を見ていたんでしょうか。

そして、百恵さんが芸能界で売れると、母親から親権を奪おうとしたり、マスコミ相手に売名行為を始めたり。百恵さんの事務所から無断で借金をしたりしました。どこまでも卑劣です。
最終的には、百恵さんは自ら稼いだお金で多額の手切れ金を渡して父親と縁を切ったのです。
絶縁をするほど、つらい思いをしてたんですね。

続いては、百恵さんが自分の生い立ちを知った時について調べてみました。

山口百恵が出生の秘密を知ったのは記事のせいだった!

百恵さんが自分の出生の真実を知ったのは、芸能界にデビューした14歳のころです。週刊誌が百恵さんの戸籍謄本を掲載したのです。
その頃は個人情報保護法なんてものはなく、ひどい扱いですね。
記事を読んだ百恵さんは、うろたえることはありませんでした。
時代的に婚外子を持ち育てることは、相当の困難があった中で必死に育ててくれた母親に感謝したそうです。
14歳の頃というと、多感な時期ですよね。普通だったら恨んだり、ひがんだり、反抗したりするかもしれません。
そうではなく冷静になれた百恵さんは14歳といえども精神的には大人だったんですね。
大人っぽい難しい曲を歌いこなせる訳ですよね。

続いては、百恵さんの感動のファイナルコンサートについて調べてみました。

山口百恵さんの伝説のラストステージ

引用:https://twitter.com

1980年10月5日、日本武道館でのファイナルコンサート。百恵さんはファンに向けて「私のわがまま、許してくれてありがどう。幸せになります。」と告げました。
そして「さよならの向こう側」を涙を流しながら最後の歌を歌いました。歌い終えると、ファンに深く頭をさげ、マイクをステージの中央に置いたまま舞台から去りました。
記憶に残る感動的なラストシーンですね。
その後、一切メディアには登場することはありませんでした。いさぎいいですね。

続いて、百恵さんの妹について調べてみました。

山口百恵さんの妹は今どうしているの?

引用:https://twitter.com

百恵さんには5つ下の妹の淑恵さんがいます。母親は家族の為に懸命に働いていました。そんな中、百恵さんは小さい妹の面倒をよくみていました。妹思いなんですね。
淑恵さんは百恵さんが賞を獲った時などは一緒にテレビに映ることもありました。しかし、百恵さんの妹ということで学校でイジメにあいました。
そのため、百恵さんは妹をメディアに出すことをなくしました。なのでその後、淑恵さんは一切姿を見せなくなりました。
そしてその後、海外留学をされました。
留学前の淑恵さんはとても内気で、口数がとても少なかったのです。
あまりの口数の無さに、夫の友和さんは淑恵さんに嫌われているのかと心配になった程です。
その淑恵さんが留学を終えて、帰ってくるとまるで別人のように明るいハキハキとした妹になっていました。その様子に百恵さんはホッとしたでしょうね。

お母さんの出棺の時に親族と一緒にいた白人男性が淑恵さんの旦那さんではと思われます。
現在は、淑恵さんは一般の主婦として百恵さんのおうちにもよく遊びに来るそうですよ。
年を重ねてもお互い仲いいんですね。姉妹っていいですね。

続いて、百恵さんの父親のその後について調べてみました。

山口百恵の父親のその後は?

百恵さんの父親は在日韓国人専用の施設に入っているという説がありますが、韓国人ではないので、それは違うということですね。
在日韓国人専用ではなく一般の施設に入っているのかもしれません。
百恵さんも絶縁していることもあり、連絡は取っていないでしょうね。
はっきりとした情報は残念ながら分かりませんでした。

続いて、百恵さんの現在の様子を調べてみました。

生い立ちと父親を乗り越えた山口百恵の現在

引用:https://twitter.com

壮絶な試練を乗り越えて、栄光、引退、結婚から約40年経ちました。
現在の百恵さんはキルト作家として活動されています。『東京国際キルトフェスティバル』等に出品されています。
2019年7月末には「三浦百惠」の名前で自著を発売されました。

タイトル:『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)
「百恵さん自作のキルト作品が70点あまり収録されており、それぞれの作品解説や、製作時の気持ち、家族や友人への思いが綴られています。制作風景など、数点ですが、ご本人の近影も掲載されます」(日本ヴォーグ社出版営業部)

百恵さんは30年ほど前からキルト制作をされていて、その集大成として、今回、出版されました。二人の息子たちも自分の道を歩むようになった今、百恵さんもこれからの自分を考えているんでしょうね。
夫の友和さんは陶芸をされています。夫婦で芸術に興味があるなんていいですね。
ピラティスやジムにも通っています。充実した生活をされていますね。

山口百恵生い立ちは韓国人?妹・淑恵や父親の現在についても徹底調査!まとめ

山口百恵生い立ちは韓国人?妹・淑恵や父親の現在についても徹底調査!についていかがでしたか?韓国人ではなく純粋な日本人でしたね。
壮絶な人生を送ってきた百恵さんにとって愛する人と出会い平凡な家庭で幸せな家庭を作ることが百恵さんの目指す頂点だったんですね。それが、たとえトップスターの座を捨てることになっても。
今回、キルト作品の本を出版するにあたって、紙面で少しだけ表舞台に顔を出されました。
もしかしたら、また百恵さんを画面で観ることができる時がくるかもしれませんね。少しだげ期待しておきましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました