フィギュアスケート

ネイサンチェンと羽生結弦の違いは?仲がいいのかも気になる!

ネイサンチェンと羽生結弦の違いは?仲がいいのかも気になる!という話題が飛び込んできました。 アメリカ出身のフィギュアスケート選手でもあり、2018年の世界選手権では優勝という素晴らしい成績を収めたネイサンチェン選手ですが、羽生結弦選手との仲についてや選手としての違いについて気になる方も多いのではないでしょうか? 今回はネイサンチェンと羽生結弦の違いは?仲がいいのかも気になる!という話題について調べてみました。 最後まで是非ご覧下さい。

ネイサンチェンの経歴

ネイサンチェン選手は1999年5月5日、ユタ州ソルトレイクシティで誕生しました。現在19歳のネイサンチェン選手ですが、3歳からスケートを始めました。

ネイサイチェン選手は小さい頃にはスケート以外にもバレエや体操、その他にもピアノの習い事もしていました。またネイサンチェン選手は5人兄弟の末っ子ですが、2人のお兄さんはアイスホッケーをしており、2人のお姉さんはフィギュアスケートをしていました。

ネイサンチェン選手は5歳の時に、「バレエ・ウエスト・アカデミー」へ入学しフィギュアスケートよりも本格的な練習を重ねていました。
現在の体の柔軟性はこのバレエでの経験が生かされているのですね。

そしてネイサンチェン選手は13歳になる2日前にトリプルアクセル、15歳の時には4回転トウループ、16歳になって4回転フリップと4回転ルッツを成功させています。

2011年にはネイサンチェン選手が12歳でガルデナスプリング杯のノービスクラスで国際大会デビューし優勝を果たしています。

2012年から2013年のシーズンにはジュニアグランプリシリーズに参戦し、ネイサンチェン選手はショートプログラム、フリースケーティングともに優勝を果たしました。

2013年から2014年のシーズンでもジュニアグランプリシリーズでの2大会で優勝、ジュニアグランプリファイナルでは3位という成績を収めています。また全米選手権のジュニアクラスで2年ぶりとなる優勝を果たし、世界ジュニア選手権においては銅メダルを獲得しています。

その後もネイサンチェン選手は実力をつけていきますが、2014年から2015年のシーズンでは成長痛の為、試合で予定していたジャンプを披露できないこともありました。
また2015年から2016年のシーズンでも左股関節により手術など怪我に悩まされる時期を過ごしています。

しかし2016年から2017年シーズンからは見事ネイサンチェン選手は復活を果たし、全米選手権でショートプログラム、フリースケーティング共に優勝を果たしました。

2017年から2018年のシーズンではネイサンチェン選手自身初めての4回転ループに成功し、ロステレコム杯ではショートプログラムで1位、フリースケーティングでは羽生結弦選手に続いて2位となりましたが、ショートプログラムでの点数差でネイサンチェン選手が優勝を果たしました。

2018年から2019年シリーズにおいて、ネイサンチェン選手はアメリカの名門大学であるエール大学へ進学しています。
大学では統計学、そして医学を学びながらスケートとの両立を目指しています。

ネイサンチェン選手はまだ19歳という年齢ながら、数多くの大会で素晴らしい成績を収めており今後の活躍にも期待されている選手です。

続いてはネイサンチェン選手と羽生結弦選手は仲がいいのか?という話題について調べてみました。

スポンサーリンク




 

ネイサンチェンと羽生結弦は仲がいいのか?

ネイサンチェン選手と羽生結弦選手の仲はどうなのでしょうか?

ネイサンチェン選手と羽生結弦選手はライバル関係だと言われています。

平昌オリンピックが開催された際には、ネイサンチェン選手の目標は金メダルを獲得することでした。
しかし結果は羽生結弦選手が金メダルを獲得しています。ネイサンチェン選手はフリースケーティングで優勝を果たすものの5位という結果に終わっています。

平昌オリンピックでのネイサンチェン選手のスケートは4回転を連発するスケートを披露したことで周囲を驚かせています。
ネイサンチェン選手が平昌オリンピックのショートプログラムの演技でミスをしなければ、金メダルを獲得していたと言われているほどです。

ネイサンチェン選手は羽生結弦選手のライバルだと考えられますが、2017年に開催されたNHK杯の前日練習で羽生結弦選手が右足を負傷してしまい試合を棄権した際にはこのようにコメントを出しています。

「ユヅのことを聞いた」と切り出し、「ライバルが負傷してしまったことを聞くのは嫌なものだ」と心境を吐露。
さらに「早期の回復を願っている!」と記した。GP第6戦のスケートアメリカに出場を予定しているチェンは、羽生が一日でも早く復帰できることを望んでいた。

引用;https://news.nicovideo.jp

羽生結弦選手が怪我をし、長期離脱ということになればネイサンチェン選手に有利に働くと考えることもできます。
しかしネイサンチェン選手はそういった考えを持たずに、ただ羽生結弦選手が一刻も早くスケートできるように願っていました。その姿にはスポーツマンシップ溢れる考え方でとても素晴らしいことですよね。

https://twitter.com/Yatapost89/status/967125893759033346

お互いをライバルと考え、ライバルだからこそ刺激しあえる素晴らしい関係性であることが分かりますよね。ライバルであり仲間でもあるのでしょう。

続いてはネイサンチェン選手と羽生結弦選手の違いとは?という話題について調べてみました。

スポンサーリンク




 


 

ネイサンチェンと羽生結弦の違いとは?

ネイサンチェン選手と羽生結弦選手の違いについて調べてみました。

羽生結弦選手は4回転トゥーループ、4回転サルコウ、4回転ループ、4回転ルッツのジャンプを飛ぶことができます。

またネイサンチェン選手は4回転フリップ+3回転トゥーループの連続技に成功しています。2016年に開催されたNHK杯のことでした。
ネイサンチェン選手は4回転ループと4回転アクセル以外の4種類のジャンプは、公式の試合で成功させています。
また平昌オリンピックオリンピックでネイサンチェン選手は4回転ジャンプを6回もチャレンジしたことでも話題になりました。

羽生結弦選手は試合の際、全体の音楽に合わせた演技、またジャンプをしたりスピンや姿勢、スピードを合わせることができるフィギュアスケートを見せてくれます。

ネイサンチェン選手はジャンプを得意としており、ジャンプを失敗してしまうと音楽とずれてしまうということもあります。

しかしネイサンチェン選手のポテンシャルの高さは羽生結弦選手も認めているほどものです。
ネイサンチェン選手はジャンプだけではなく、これから音楽に合わせた素晴らしい演技を見せてくれることでしょう。

続いてはネイサンチェン選手が2018年の世界選手権で優勝という話題について調べてみました。

スポンサーリンク




 

ネイサンチェンが2018年の世界選手権で優勝

ネイサンチェン選手が2018年に開催された世界選手権で見事優勝を果たしました。

世界選手権の前に開催さえた平昌オリンピックで、ネイサンチェン選手は5位という結果に終わりましたが、世界選手権ではミスなくショートプログラム、フリースケーティング共に滑りきり優勝を果たしています。

その演技は圧巻的なものでした。

世界選手権後のインタビューでネイサンチェン選手はこのように語っています。

引用

まずは世界選手権優勝、おめでとうございます。

ありがとうございます。五輪のショートで大きなミスをした後の試合だったので、こうやってショート、フリーともに大きなミスなく滑ることができて、自分自身を証明できました。そのことが、とても嬉しいです。

GPファイナル優勝、平昌五輪5位、そして世界選手権で優勝。今季は大きな飛躍のシーズンでしたね。

シーズン全体を振り返れば、素晴らしいシーズンだったと思います。五輪以外の試合では優勝できたので、喜ぶべきでしょう。でも正直に言えば、まあまあ満足、という感じです。
そしてすべての試合で、何かしら成長した部分があり、新しい挑戦も繰り返していったので、自分にとって有意義な時間でした。

引用:https://global.canon

平昌オリンピックでのミスがあったこそ、世界選手権で集中して滑り切ることができたとも語ったネイサンチェン選手は、今後の演技ではチャイニーズアメリカンの精神を生かした演技をしていきたいとも語っています。

また現在、名門大学のエール大学へ進学したネイサンチェン選手は、学業とスケートの両立の難しさを感じていたとのことですが、期末では大変努力良い成績を収めたと報道されています。

まだ19歳のネイサンチェン選手なので、これからどんどん進化した姿を見せてくれそうですね。

ネイサンチェンがフィギュアスケート世界選手権2019で優勝!

ネイサンチェン選手が2019年3月23日のフィギュアスケート世界選手権で圧巻の演技で羽生結弦選手を抑え優勝しました!

羽生結弦選手の演技も素晴らしく、300.97という高得点をたたき出した後の演技でしたが、ネイサンチェン選手は一つのミスもなく4つの4回転ジャンプを見事に決め、凄まじい集中力で世界選手権連覇を成し遂げました

羽生結弦選手の演技後はプーさんの嵐と、鳴り止まない拍手、解説の方も「こんなに長いスタンディングオベーションはちょっと記憶にないですね」というほどの拍手喝采が続いていました。

そんな中で超安定感のある演技で完璧にプログラムをこなしたネイサンチェン選手。ツイッターには「ネイサン事件です」なんていうハッシュタグが登場するほどw

世界選手権男子シングルの結果はこちらのツイートでまとめられています^^

ネイサンチェン選手の演技後、恐れおののくような絶賛コメントがあふれていました。

https://twitter.com/Barako_Fu/status/1109430953695297536

https://twitter.com/samko_yuko/status/1109430023570616320

https://twitter.com/tamayura_yura/status/1109432092302008321

コーチの喜びようも、凄まじいです^^

羽生結弦選手は、「ショートもフリーも負けてしまった」「いい演技が出来たにも関わらず負けてしまったということは、完全な実力不足」「もっと練習しなくちゃ、もっと強くならなくちゃいけないと思います。ものすごく勝ちたいです」とコメント。

羽生結弦選手の闘志にさらに火が付いた感じがします。この頂上決戦はますます楽しみになっていきますね!!

https://twitter.com/yp1_ydct/status/1109436467430866944

https://twitter.com/pooooooo_yuzu/status/1109436860302934018

表彰式でも、終始お互いへの経緯を忘れない3選手。3位となったヴィンセント・ゾウ選手もこれからを期待させる素晴らしい演技でした!

フィギュアスケート選手はお互いをリスペクトしあっていて、本当に見ていて気持ちがいいですよね。

最後にネイサンチェン選手のプロフィールをご紹介します。

ネイサンチェンのプロフィール

氏名:ネイサイ・チェン

生年月日:1999年5月5日(19歳)

代表国:アメリカ合衆国

出生地:ユタ州ソルトレイクシティ

コーチ:ラファエル・アルトゥニアン
ナディア・カナエワ
マリナ・ズエワ

振付師:シェイ=リーン・ボーン
ローリー・ニコル

所属クラブ:Salt Lake City FSC

ネイサンチェンと羽生結弦の違いは?仲がいいのかも気になる!まとめ

ネイサンチェンと羽生結弦の違いは?仲がいいのかも気になる!という話題について調べてみましたがいかがでしたか?男子フィギュアスケート界の中でも注目を集めるネイサンチェン選手は羽生結弦選手ととても良いライバル関係であり尊敬しあう関係であることが分かりました。
現在は名門エール大学で勉強しながらスケートを両立するネイサンチェン選手を応援していきましょう。
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

■コチラの記事も読まれています
↓クリック↓
田中刑事宇野昌磨は仲良し!膝乗りするほどになったきっかけは?
田中刑事ほくろ除去した?ハーフの噂や身長体重についても気になる!
友野一希エキシビション振り付けが最高!バレエで更に美しい演技に!
友野一希の大学や経歴は?出身中学や高校について徹底調査!

スポンサーリンク