池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!

スポーツ

池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!と話題になっています!近年では治療をすれば完治する病気と言われており、池江璃花子さんの一刻も早い完治が望まれています。芸能人から続々と応援のコメントが発表されていますが、吉井玲さんや渡辺謙さんなど、白血病を克服され再度活躍されている方も多いようです。今回は、池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!という話題について徹底的に調べましたので、ぜひ最後までご覧ください。

池江璃花子が発症した白血病とはどんな病気?

池江璃花子選手が、2019年2月12日自身のTwitterで”白血病”と診断されたということを公表しました。

オーストラリアでの合宿中に体調不良を訴え、緊急帰国をした池江璃花子選手。検査の結果、白血病と診断されました。

東京オリンピックでの金メダル候補でもある池江璃花子選手。日本中に衝撃が走りました。

白血病と聞くと、若くして亡くなった本田美奈子さんが思い出され、「死に至る可能性のある病気」というイメージがどうしても浮かんでしまうのですが、実際のところどのような病気なのでしょうか?

白血病とはどんな病気?

白血病についてわかりやすく解説しているJALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)のウェブサイトで調べてみました。

白血病は、血液のがん(正確には”血球”のがん)です。血球は骨の中にある骨髄の中で作られますが、血球を作る細胞(造血幹細胞)が骨髄の中でがん化して、無制限に増殖してしまうという病気です。

19世紀に初めてこのがんが発見された当時は、治療法がありませんでした。白血病細胞がどんどん増え続けて血液が白っぽくなってくる様子から「白血病」と命名されました。

白血病は現在では完治する病気?

白血病と聞くと、2005年に38歳という若さで亡くなってしまった本田美奈子さんを思い出す方も多いのではないでしょうか。

本田美奈子

引用:https://www.flickr.com

本田美奈子さんの場合は、2004年末ごろから風邪に似た症状や微熱が続いていました。2005年の1月12日に急性骨髄性白血病と診断され緊急入院。翌日にはメディアで病名も公表されました。本田美奈子さんの白血病は急性骨髄性白血病の中でも極めてまれな、治療をしても進行が抑えられないという治療抵抗性の白血病でした。骨髄移植を受けるためのドナーを見つける猶予さえもない状況で、同年5月にさい帯血移植を受けましたが、7月に病気の再発が確認されてしまい、同年11月6日(38歳)に亡くなりました。

かなり大々的に報じられたことなので、白血病と聞くと「相当な難病」というイメージが先行してしまうのですが、現在では完治することも多いようです。

現状では、ほとんどの患者さんを完全に治すことのできる白血病は、小児の急性リンパ性白血病と小児・成人の急性前骨髄球性白血病に限られています。これらに加えて、慢性骨髄性白血病も薬だけで治せるようになったと思われます。
これらの白血病は治すことができる病気ですから、治るつもりで専門医の治療を受けてください。

その他の白血病は、治る患者さんも30~40%は、いるのですが、ほとんどの患者さんを治せるわけでないため、より多くの患者さんを完全に治すためには、どんな治療法がよいかを模索しているのが現状です。ほとんどの患者さんを完全に治すことのできるようになった小児急性リンパ性白血病や急性前骨髄球性白血病でさえ、より多くの患者さんを完全に治し、かつ、できるかぎり副作用の少ない治療法を目指して検証的臨床研究が続けられています。

引用:https://www.jalsg.jp

池江璃花子選手自身のコメントでも、「しっかり治療すれば完治する病気」と書かれているように、医者からも「完治できる見込みが高い」と説明を受けているのかもしれませんね。

白血病の種類にはいくつかありますが、池江璃花子選手の白血病の種類についても調べてみました。

池江璃花子の白血病の種類は?

池江璃花子選手の白血病の種類についても気になりますよね。公表はされているのでしょうか?

調べてみたところ、発表の時点2月12日の段階では、池江璃花子選手自身も、水泳連盟も白血病の種類までは発表していませんでした。

白血病には、急性白血病と慢性白血病があり、このどちらかによっては病気の症状や治療方法も異なります。

そして、急性・慢性どちらも

  • 骨髄性白血病
  • リンパ性白血病

と種類が分かれます。

内科医であるおおたわ史絵さんが池江璃花子選手の白血病に関するニュースを受けコメントしていたのですが、急性だけでも12種類、慢性を合わせるともっと多くのタイプに分かれ、治療方法も種類によっては「まったく違う病気といってもいいほど」症状や治療法が違ってくるそうです。

急性白血病の場合、治療を全くしない場合患者は数か月以内(2~3か月)に死に至ってしまうという怖い病気です。対して、慢性白血病は治療をしていなくても数年間は慢性の経過を辿るとJALSGのホームページに記載がありました。

急性白血病の場合でも、近年では早期に診断されることが増えており、早期発見すれば当然症状も軽く、治療効果も高くなるそうです。

白血病初期の症状は?

体感される病状は、息切れ・同期・倦怠感・顔面蒼白などの貧血症状や出血症状があります。慢性白血病の場合は初期段階での自覚症状はありません。

慢性白血病は進行が遅いため、自分で気づくというよりは健康診断などの血液検査で偶然見つかることになります。

ある程度進行してくると、貧血や全身の倦怠感、無気力になる、夜に多くの寝汗をかく、体重が減ってくるなどの症状に気づくようになります。

池江璃花子の白血病進行度合いは?

池江璃花子選手の白血病がどのくらいの進行度合いなのかは、正確な情報は見つかっていません。

ただ、池江璃花子選手は「体が重い」「眠くなる」「だるい」などの自覚症状が出ていたということは分かっています。昨年11月のW杯東京大会後から『不調』を感じているといったコメントをインタビューでしていたので、その頃から症状が出ていたのかもしれません。

日を追うごとに体の重さを訴える頻度は増え、白血病発覚前の最後のレースとなった1月13日の三菱養和スプリントの100メートルバタフライは自己ベストから4秒以上遅い1分0秒41。「高地合宿の疲れが取りきれない」と3週間前の合宿を話題に挙げ「体のだるさを感じることが多い。去年と比べて疲れが抜けるのが遅い。心配」と悩んでいた。

引用:http://news.livedoor.com

白血病に関しては、とにかく早期発見・早期治療がとても大切とのことなので、池江璃花子選手の白血病発見が早期であったことを祈るばかりです。

池江璃花子は東京オリンピックに出られる?治療期間は?

池江璃花子選手は、東京オリンピックでの金メダル候補として大きな期待を受けていました。まだ18歳という若さですので、まだまだこれからが楽しみな選手でもあります。ご本人も、以前のインタビューで”東京オリンピックだけでなく2024年のオリンピックにも出たい”と話していたくらいです。

白血病の治療期間は数年かかると言われています。

慢性の場合は、服薬を長期間続ける治療となるケースが多く、服薬のみなので日常生活にも戻りやすいと言います。

急性では、数か月入院し、点滴の治療によって白血病細胞を減らしていき治癒を目指します。

白血病の種類によっては、その後も数年間、通院による治療を続けることもある。再発した場合、血液細胞のもとになる幹細胞を移植する方法も検討される。

引用:https://yomidr.yomiuri.co.jp

慢性の場合は入院せずに服薬のみで治療を進められる可能性が高いんですね。それであれば普段と変わらない生活スタイルを続けることもできそうなので、4月より進学が決まっている日本大学にも通学可能でしょう。大学側も、「全面的にバックアップする」とコメントを発表しましたね。

ご本人が一番残念で辛いと思いますが、東京オリンピックは見送ることになる可能性が高いですね。

治療をして、健康体に戻ることが一番大切なので、じっくり治療に専念してもらいたいです。

池江璃花子以外に白血病を発症した芸能人は?

池江璃花子選手が発症した白血病。実は芸能人や有名人でも多くの方が白血病の闘病経験があり、完治した方もいらっしゃいます。

白血病を発症したアスリート

早川史哉(Jリーグ・アルビレックス新潟)

2016年に急性白血病と診断されたが、骨髄移植を受け、2年間厳しいリハビリに励み、昨年チームに復帰。

早川選手は、「周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています」とクラブを通じてコメントしました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

岩下修一(プロ野球・日本ハム打撃投手)

オリックスで現役2年目だった2001年に、急性骨髄性白血病を発症。闘病の末復帰を果たし、2006年まで現役でプレーしていました。

白血病を発症した芸能人

渡辺謙

近年もハリウッドや大河で活躍している渡辺謙さん。1989年映画『天と地と』では主役の上杉謙信役を務める予定でしたが、撮影中に急性骨髄性白血病を発症。映画は降板することとなりました。約1年間闘病をして、復帰を果たしましたが1994年にはまた白血病が再発してしまいます。

再度闘病し、2003年には映画『ラストサムライ』に出演。その後、大河ドラマやミュージカルなどでも大役を務め、世界的に知られたハリウッドスターとなりました。

2016年には、胃がんを発病し、そちらも闘病の上克服。

今回の池江璃花子選手のニュースを受け、ツイッターでコメントを出しました。

『今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念してください』とつづられていますが、しっかりと白血病を克服した渡辺謙さんが言うと説得力がありますよね。

池江璃花子選手にもこのコメントは届いていることと思います。すごく励みになったでしょうね。

吉井玲

女優・タレントとして活躍している吉井玲さん。

2000年、18歳という池江璃花子選手と同じ年齢の時に、急性骨髄性白血病と診断されました。2001年に白血球の型が一致する母親からの骨髄提供を受け、骨髄移植の手術を受けて見事完治。

2002年には白血病闘病の手記を発表し、ベストセラーとなります。

【クリック⇒】 神様、何するの… 白血病と闘ったアイドルの手記 /吉井怜(著者) 【中古】 

2016年には俳優の山崎樹範さんとご結婚されています。

渡辺謙さんの場合は数年に渡り治療を行っていますが、吉井玲さんは骨髄移植後を受け発症から1年ほどで完治しているんですね。池江璃花子選手の場合は骨髄移植が行えるのか、骨髄ドナーが見つかるかというところも気になりますね・・・。

2月13日夜、池江璃花子選手は『今の率直な気持ち』として改めてツイートしました。

池江璃花子選手のニュースがあってから、「骨髄バンクに登録をした」「輸血・献血をした」などの動きが盛んになっており、池江璃花子選手もそのニュースを目にしたようですね。

ご自身と同じ白血病患者の方々にも『希望を持たせている』とツイート。

また、「神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。

もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います」ともつづっています。

一人で抱え込まずに、家族や、仲間に頼りつつ、池江璃花子選手が治療に専念できることを願います。

最後に、池江璃花子選手のプロフィールをご紹介します。

池江璃花子プロフィール

池江璃花子(Rikako Ikee)

国籍:日本

泳法:自由形、バタフライ

所属:ルネサンス

生年月日:2000年7月4日(2019年2月現在18歳)

出身:東京都江戸川区

身長:171㎝

体重:57㎏

池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!まとめ

池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!という話題について調べてみましたが、いかがでしたか?ご本人もまだ気持ちの整理がついていないところだと思いますが、とにかく治療に専念していただき、また元気な姿で戻ってきてほしいですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

■コチラの記事も読まれています
↓クリック↓
池江璃花子白血病放射能の影響は?病院はどこになるのか調査!

コメント

タイトルとURLをコピーしました