紀平梨花かわいいガッツポーズが話題!幼稚園時代動画や教育法がスゴすぎる?

フィギュアスケート

紀平梨花かわいいガッツポーズが話題!幼稚園時代動画や教育法がスゴすぎる?と話題になっています。 フィギュアスケートで活躍されている紀平梨花選手ですが、トリプルアクセルだけではなく紀平梨花選手が繰り広げる素晴らしいスケーティングやジャンプなども素晴らしい選手でもあります。 そんな紀平梨花選手ですが試合で見せるガッツポーズが話題となりました。また紀平梨花選手の幼稚園時代や教育法にも注目が集まっています。 今回は紀平梨花かわいいガッツポーズが話題!幼稚園時代動画や教育法がスゴすぎる?という話題について調べてみました。 最後まで是非ご覧下さい。

 

紀平梨花の経歴

紀平梨花選手は2002年7月21日生まれで現在16歳のフィギュアスケート選手です。出身地は兵庫県の西宮市です。
紀平梨花選手がスケートを始めたのは3歳の時のことでした。紀平梨花選手のお母さん、お姉さんと一緒に神戸のスケートリンクへ足を運んだことがきっかけでした。
スケートリンクで何度転んでも夢中になってその場から離れなかったというエピソードがあります。

5歳でスケート教室に通い出した紀平梨花選手はみるみるうちに成長し、紀平梨花選手が小学校1年生の時には個人レッスンを付けて、なんと平日は2時間そして休日は6時間もの間、フィギュアスケートの練習に励みました。
その練習には紀平梨花選手の両親のサポートもありました。

紀平梨花選手はスケートだけではなく、その他にもバレエや体操、ピアノも習っていました。全部で8つの習い事をしていました。

紀平梨花選手の母親は早期教育が大事だと考えていたことから、紀平梨花選手が小さい頃から運動を中心とした習い事を行っていました。現在でも紀平梨花選手は空いた時間にはダンス、バレエのレッスンは続けています。

その後紀平梨花選手は、現在指導を受けている濱田美栄コーチ、そして先輩に当たる宮原知子選手が在籍するフィギュアスケートのクラブ『関西大学KFSC』へ在籍することとなりました。

紀平梨花選手は2017年には全日本ジュニア選手権優勝を果たし、同年に行われた全日本選手権では3位に輝きました。
そして2018年には全日本選手権で2位を収め、GPファイナルではなんと優勝を果たしています。

紀平梨花選手は女子で史上初となるトリプルアクセル+3回転トウループを成功を収めたことでも有名となりました。

スケーティングやジャンプなどの質の高さにも定評のある紀平梨花選手の今後が期待されています。

続いては紀平梨花選手の控えめなガッツポーズが話題となりました。そのガッツポーズについて調べてみました。

 

 

紀平梨花の控えめなガッツポーズ

紀平梨花選手は以前から「控えめなガッツポーズ」をする姿を披露していました。

2018年のGPファイナルで紀平梨花選手は見事優勝を果たしたことで、そのガッツポーズをする姿に注目が集まりました。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

グランプリファイナルで優勝を決めた際の紀平梨花選手のガッツポーズは、拳を小さく握りしめ控えめ感じでガッツポーズをしていました。
他の選手と比較すると、自分の演技ができた場合は派手に見えるほど喜びを表現する選手が多い中、紀平梨花選手のガッツポーズはとても控えめに感じますね。

紀平梨花選手はグランプリファイナルで見事優勝を果たしましたが、このことに対しても全く天狗になっていません。
ジュニアから這い上がってきた紀平梨花選手は、これからまだまだ伸びしろのある素晴らしい選手であることも分かりました。

続いては紀平梨花の控えめなガッツポーズに魅了されるファンが続出!という話題について調べてみました。

 

紀平梨花の控えめなガッツポーズに魅了されるファンが続出!

紀平梨花選手がグランプリファイナルで見せてくれた「控えめなガッツポーズ」に魅了されたファンが多く見受けられました。

SNS上ではこんな声が見受けられました。

紀平梨花選手の素晴らしい演技だけではなく、小さく控えめに出たガッツポーズに思わず魅了されるファンが続出することとなりました。
思わず出てしまったガッツポーズ姿には、魅了されてしまいますよね。

続いては紀平梨花選手が通っていた幼稚園の広田幼稚園とは?という話題について調べてみました。

紀平梨花が通っていた幼稚園の広田幼稚園とは?幼稚園時代のエピソードとは?

紀平梨花選手は兵庫県西宮市広田町にある「広田幼稚園」に通っていました。
この広田幼稚園は「ヨコミネ式」の教育法を取り入れた幼稚園です。

紀平梨花選手はこの広田幼稚園に1歳9ヶ月の頃から4年間広田幼稚園へ通っていました。

「ヨコミネ式」の最終的な目標としていることは「自立」という考え方です。

続いては紀平梨花選手もやっていた教育法「ヨコミネ式」について詳しくご紹介します。

紀平梨花もやっていた教育法「ヨコミネ式」とは?

紀平梨花選手が受けた「ヨコミネ式」とはプロゴルファーの横峯さくらさんの伯父さんにあたる横峯吉文氏が提唱している子育て法です。

運動をメインに「全ての子供が才能がある」という考えを元に、子供が自分から学ぼうとする力に注目、そして「心の力、学ぶ力、体の力」を育てることで、子供の能力を最大限に生かすという幼児教育法です。

ヨコミネ式

ヨコミネ式動画①
ヨコミネ式動画②

「ヨコミネ式」は敢えてハードルの高いことへ挑戦することを行います。

例えば、3歳の時に小学校3年生の教科書の内容を勉強する、5歳の時にはそろばんで掛け算をしたり、逆立ちで歩くなど普通に考えると難しいということでも敢えて挑戦させることを行っていきます。

子供自身が自ら学んでいこうとする力を高める教育法であることが分かりました。

続いては紀平梨花選手の身体能力がすごすぎる!幼稚園時代の動画もあり!という話題について調べてみました。

紀平梨花の身体能力がすごすぎる!幼稚園時代の動画もあり!

紀平梨花選手は「ヨコミネ式」の教育法を受けたことで身体能力がすごすぎる幾つかの驚きのエピソードがあります。

紀平梨花選手が幼稚園の頃のエピソードがこちらです。

  • 年長さんの時には毎朝2kmを走っていた
  • 運動会での1.6km走では、2位と400mもの差を付けてゴール
  • 5歳の時には片手で側転
  • 跳び箱は8段を軽々飛ぶ

また小学校へ入学した後も、足が速いということで、運動会のクラス対抗リレーで第1走者とアンカーを担当し2回もリレーで走ることもありました。
熱が出たものの運動会へ行くとクラスの男の子に「紀平が来ちゃった。」と言われたというエピソードがあるほどです。
紀平梨花選手も足の速さは圧倒的なものであったということも分かりました。

また現在でも紀平梨花選手は50メートルを7秒8というタイムで走ります。
このタイムは全国の女子の平均タイムよりも1秒以上も速く、全国男子の平均値よりも速いタイムでもあります。

また現在でも逆立ちや、縄跳びの三重跳びも軽々とこなしてしまいます。

紀平梨花選手の幼稚園時代の動画

YouTube

(0:18あたりから幼稚園時代の動画です)

紀平梨花選手は高い身体能力を持っており、コーチである濱田美栄コーチも「身体にバネがあるため運動神経が高い」と話されています。

インタビューでも逆立ちがいつからできるか?という質問に対して、紀平梨花選手は「幼稚園から」と答えており、小さい頃からの環境で、今の紀平梨花選手があるのだということがよく分かりました。

最後に紀平梨花選手のプロフィールをご紹介します。

紀平梨花のプロフィール

氏名:紀平梨花

生年月日:2002年7月21日(16歳)

出身地:兵庫県西宮市

身長:154 cm

血液型:O型

学校:N高等学校 通信コース

所属クラブ:関西大学KFSC

紀平梨花かわいいガッツポーズが話題!幼稚園時代動画や教育法がスゴすぎる?まとめ

紀平梨花かわいいガッツポーズが話題!幼稚園時代動画や教育法がスゴすぎる?という話題についてまとめてみましたがいかがでしたか?まだ16歳という年齢の紀平梨花選手。これからどんな選手に成長していくのかが楽しみな選手ですね。応援していきましょう。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました